「花に聞く vol.12 朝顔」展、終了しました。

「花に聞く vol.12」2016

「花に聞く vol.12」2016

「花に聞く vol.12 朝顔」展、終了しました。
お越しくださった皆様、気にかけてくださった皆様、本当にありがとうございました。
今回は「朝顔市」に行ったり、家でプランターで種から栽培したりして、過程も含め、楽しむことができました。プランターの朝顔は、花がなかなか咲いてくれず、心配しておりましたが、つい昨日、濃い紫色の花が咲いてくれました。よかったです!

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

「花に聞く vol.12 朝顔」に参加します。

花に聞く

花に聞く vol.12 朝顔

7月29日(金)〜8月3日(水)
11時〜19時(最終日は17時まで)
オープニングパーティ:初日18時〜20時
「花に聞く vol.12 朝顔」に参加します。
お時間ございましたら、ぜひお越しください。
会場:OPA gallery

花を描くシリーズ12回目は、朝顔です。
イラストレーター20名の朝顔の花をお楽しみください。

出展者:愛川 空 岩間淳美 大西 洋 尾崎カズミ
長田結花 楠木雪野 小春あや 佐々木一澄
新川あゆみ 竹内 巧  中島梨絵
野口奈緒子 林けいか 平のゆきこ 三浦由美子
もとき理川 保光敏将 山下アキ 山本由実
永島壮矢

 

小説宝石 扉絵

光文社 小説shuseijo_15_hp宝石5月号
池永陽さんの小説「醜聖女」にて扉絵を描かせていただきました。

「菅原姉妹の情報を求めて圭吾は青森に・・・・・・」
(扉より引用)

宜しくお願いします。

 

「高津 さんの市」チラシデザインとイラスト

さんの市チラシ2016_出力用
川崎市高津区役所主催、
農家の方たちが直接販売する野菜のマーケーット、
「高津 さんの市」のチラシのデザインとイラストを担当しました。
地元の農家の方たちが、軽トラックに野菜を積んで直接販売します。地元野菜を使った加工品の出店もあったり、紙芝居などもあり、お祭りのようでとても楽しいです。
野菜の絵をたくさん描けたことも楽しかったし、デザインまでやらせていただいたのは、うれしかったです。

第10回OISスケッチ会終了しました。

IMG_20151121_161118~2gyoen5gyoen1第10回OISスケッチ会が無事終了しました!
ご参加くださった皆様、本当にありがとうございました。
当日は天気もよく、お散歩日和で、とても気持ちのいいスケッチになりました。スケッチを通して、他の方々との交流も生まれるなど、こういうのも良いなあと思いました。
また次回もご都合つく方は、ぜひ宜しくお願い致します!
ありがとうございました!

 

光文社 小説宝石 扉絵

shuseijo12_hp光文社 小説宝石11月号
池永陽さんの小説「醜聖女」第12回にて、扉絵を描かせて頂きました。
「俺は今まで、あんな優しい女は見たことがねえ。」
(扉より引用)

宜しくお願い致します。

 

第9回OISスケッチ会が終了しました。

第9回OISスケッチ会が無事終了しました。
今回の舞台は、高円寺です。
たくさんの方がご参加くださり本当に感謝申し上げます。
ありがとうございました!
高円寺は活気に溢れ、誰でも受け入れてくれる懐の深さがあって、本当に楽しく描くことができました。OPENな街ですね。
再度、スケッチをしにきたいと思いました。
また次回のOISスケッチ会も宜しくお願い致します。

junjohonyatokoyajitenshabikeposthonchochinmanekinboshi

第8回OISスケッチ会 終了しました。

ハシビロコウヤギ 第8回OISスケッチ会が無事終了しました。
ありがとうございました!
今回の舞台は、上野動物園。
天候にも恵まれ、上野動物園の動物たちも活発に動き回り、本当に楽しくスケッチすることができました。
じっくり観察して描いてみたり、ほぼ想像で描いてみたり、いろいろ試すことができました。
同じゾウを描いたとしても、皆さん、それぞれの個性で仕上がっていて、みんなで見せ合うことも楽しい発見がありました。
また次回もぜひ宜しくお願い致します。

 

 

第7回OISスケッチ会が終了しました。

名称未設定-1 名称未設定-7第7回OISスケッチ会が無事終了しました。場所は羽田空港です。
ご参加くださった皆様、気にかけてくださった皆様、本当にありがとうございました!
心配された天気もなんとかもちました。飛行機もよかったなあ。風を切るような凄まじい轟音、体験できました。思った以上に展望デッキも広くて、気持ちも晴れました。
また次回も、ご都合つくときはぜひ宜しくお願い致します。

 

新潮社 yom yom 乃南アサさんの小説「くらわんか」扉絵

kurawanka新潮社
yom yom 夏号
乃南アサさんの小説「くらわんか」にて、
扉絵を描かせて頂きました。

「見知らぬ街まで追いかけた、よく知る男。私を棄てた男。
この悲しみ、くらわんか。ここで山ほど、くらわんかーー。」
(扉より引用)

サスペンスです。
宜しくお願い致します。