【第64回】OISスケッチ会 7月4日(土)

注目

第64回OISスケッチ会

第64回OISスケッチ会

【第64回】OISスケッチ会@各々の家
7月4日(土) 13時〜16時
各々の家にて、OISスケッチ会を開催します。
各自、自由に好きなものを描いてください。

ただ、
一つだけテーマを設けるとしたら、
<テーマ>
「花束」を描いてみてください。
大切な人へ、家族へ、友人へ、感謝している人へなど、
いろいろ思いうかべながら描くとおもしろいかも
しれません。

このテーマは必須ではございません。
やってみたい人は描いてみてください。

描いた絵は、自分のhpなどに
アップしてくれたらうれしいです。

早くみんなで集まってスケッチをしたいのですが、
もう少しだけ辛抱したいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
 

詳細につきましては、上記「お問い合せ」よりご連絡ください。

絵を描きたい方はどなたでも大歓迎です。
スケッチ会を通して、皆さんとつながることができましたら、とてもうれしく思います。

OISスケッチ会ページへ

OISスケッチ会 永島壮矢

集英社 「小説すばる」6・7合併号 楡周平さんの小説『黄金の刻 小説・服部金太郎』にてイラストを描きました。

小説すばる 楡周平『黄金の刻』扉絵

小説すばる 楡周平『黄金の刻』扉絵

小説すばる 楡周平『黄金の刻』挿絵

小説すばる 楡周平『黄金の刻』挿絵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

集英社 小説すばる 6・7合併号
楡周平さんの連載小説『黄金の刻 小説・服部金太郎』にてイラストを描きました。

明治七年、丁稚をしていた少年に、思いもよらぬ運命の時が訪れる・・・・・・。「世界のセイコー」の礎を築いた男の、波乱に満ちた一代記!
(扉より引用)

宜しくお願いいたします。

「装画の 仕事」展

「装画の仕事」展_dm

「装画の仕事」展_dm

「装画の 仕事」展

2020年03月31日(火)~ 2020年04月10日(金)
12:00~19:00 (最終日17:00まで)
オープニングパーティは中止となりました。

gallery DAZZLE 
〒107-0061
東京都港区北青山2-12-20山西ビル101
Google map
tel & fax 03-3746-4670
12:00~19:00(最終日17:00まで)月曜日休廊

<参加者>
agoera 新目惠 安藤巨樹 井内愛 石橋澄
いずみ朔庵 荒井千(井上文香)いわがみ綾子 岡野賢介
片山なのあ 加藤佳代子 かわいちともこ 合田里美
コバヤシヨシノリ 小牧真子 サカモトセイジ
杉山巧 高杉千明 高柳浩太郎 田尻真弓
田中海帆 玉垣美幸 タムラフキコ
なかむら葉子 naggy 那須香おリ フクバリンコ
藤原徹司 古屋智子 マツキナオキ 三浦由美子
水沢そら 三村晴子 ミヤザキコウヘイ 宮崎ひかり
山口鈴音 山本祥子 米満彩子 永島壮矢

2019年~2020年初頭の出版された書籍の装画(表紙絵)の
原画+書籍を展示します。
イラストレーター39名の仕事をご覧ください。

『美しい橋』装画

「美しい橋」早乙女勝元/著

「美しい橋」早乙女勝元/著

本の泉社
早乙女勝元さんの小説『美しい橋』にて、
装画を描かせていただきました。

ーーーーーーー
戦争から7年、灰燼まだくすぶる東京下町で白髭橋のボルトの穴をラブレターの隠し場所にした純な二人の物語。
映画、TVドラマにもなった
著者二十歳の記念碑的純愛小説
ーーーーーーー

装丁は装釘室の臼井新太郎さんです。
宜しくお願い致します。

岩崎書店 『ジェンと星になったテリー』

ジェンと星になったテリー

ジェンと星になったテリー

岩崎書店
『ジェンと星になったテリー』 作:草野あきこ
にて、絵を描かせていただきました。

ーーーーーー
ジェンは、ユイの家の飼い犬。亡くなったはずの先住犬テリーの存在にイライラ。ある日、ユイにピンチが!ジェン、どうする?
ーーーーーー

ジェンやテリー、ユイやその家族、
みんなの愛があふれる絵本になっています。
優しい気持ちに包まれながら絵を描くことができました。

東京書籍 『げんきの根っこ』6号表紙イラスト

東京書籍 『げんきの根っこ』6号表紙イラスト

東京書籍 『げんきの根っこ』2019年10月 6号にて、表紙絵を描かせていただきました。

 Link Link Posters 2


Link Link Posters 2

ギャラリーダズルで開催される欽太郎さんコーディネートの「Link Link Posters 2」に参加します。
イラストレーターとデザイナーがペアを組んで作るポスター展です。

2019年9月24日(火)~ 9月29日(日)
12:00〜19:00(最終日は17:00まで)
オープニングトーク 初日18:30~
パーティ別会場 19:00~実費

https://gallery-dazzle.com/

私はデザイナーの星野貴幸さんとペアを組ませていただきました。
「つながる」というテーマをもとに、
何度も打ち合わせを重ね、
とても素敵な作品を作り上げることができました。

お時間ございましたらぜひお越しください。

<出展者>
・イラストレーター
市村譲 岩間淳美 えいいち オオサワアリナ オガワヒロシ
新川あゆみ 永島壮矢 にいじまみわ 竹永絵里 増田恵

・デザイナー
植田香菜 小幡悦子 小泉由美  サカヨリクニヲ 静野あゆみ
竹田壮一朗 中島慶章 中村欽太郎 星野貴幸 室伏宏保

OISスケッチ会「今日もおでかけ展」開催します。

OISスケッチ会「今日もおでかけ展」

OISスケッチ会「今日もおでかけ展」

OISスケッチ会『今日もおでかけ展』
今年も開催します!

2019年6月7日(金)ー 6月12日(水)
11:00-19:00(最終日は17:00まで)
オープニングパーテ:初日 18:00-20:00
会場:OPA gallery
http://www.opagallery.sakura.ne.jp/

お時間ございましたらぜひお越しください。

また、会期中に「スケッチラリー」を開催します。
6月9日(日) 14:00〜16:00くらい
オーパギャラリーにお集まりいただき、
青山北団地やその周辺、数カ所をスケッチしていただき、
所定の場所に戻ってきます。
終わり次第、スケッチラリーの閉会式を行います。
ぜひご参加ください!

今回のDMの絵は、関谷源次さんです。
いつも本当に素敵な絵を描いてくださいます。

ーーーーーーーーーーーーー

「街を行き、その一瞬の風景を描きとめる」
「心の趣くままに自由に手を動かす」それはとても贅沢な時間です。
今回は20人それぞれが好きな風景を描きとめました。
スケッチならではの「音・におい・風」を感じてくれたら
うれしいです。

出展者
青柳もとひろ いしぐろえり。 オガワヒロシ
かやぬまゆう 河本菜摘 キタダイマユ 欽太郎
五嶋博幸 斎藤史佳 せきちひろ 関谷源次 高橋玲子
那須香おり 新倉義樹 新美ひたき 西片拓史
Baigo Liao 平のゆきこ 福士悦子 永島壮矢

プロフィール
2015年2月より始動。
「外に出て手を動かすととても気持ちがよい」
を合言葉に、毎月1回、スケッチ会を開催しています。
絵を描きたい方はどなたでも大歓迎です。スケッチ会を通して、
皆さんとつながることができたら嬉しいです。

OISスケッチ会主催:永島壮矢

三笠書房 知的生きかた文庫 『知れば知るほど面白い 世界の「国旗・国歌・国名」なるほど!雑学』表紙絵

三笠書房 装丁:笠原東吾

三笠書房 装丁:笠原東吾

三笠書房 知的生きかた文庫
『知れば知るほど面白い 世界の「国旗・国歌・国名」なるほど!雑学』
http://www.mikasashobo.co.jp/c/books/?id=100858100

にて、装画を描かせていただきました。
装丁は、製作部の笠原東吾さんです。

地球や国旗をメインに描きました。
改めて国旗を見つめ直す作業はとても楽しいものでした。
色やデザインにもちゃんと意味があるのだなと、
改めて勉強になりました。
気持ちよく描かせていただきありがとうございました。

2月20日発売予定です。
少し先ですが、宜しくお願い致します。

新日本出版社 装画を描きました。

新日本出版社_池辺晋一郎_装画

新日本出版社_池辺晋一郎_装画

新日本出版社
作曲家、池辺晋一郎さんのエッセイ
「なつかしい街と人と (空を見てますか9)」にて、
装画を描かせていただきました。
装丁は宮川和夫さんです。

なつかしく、楽しく温かい気持ちになるように、
そして何よりも音楽を奏でているイラストにしたいと
思いながら描きました。

光文社 小説宝石 「醜聖女」にて挿絵を描きました。

光文社 小説宝石 池永陽さんの小説「醜聖女」挿絵

光文社 小説宝石 池永陽さんの小説「醜聖女」挿絵

光文社 小説宝石
池永陽さんの小説「醜聖女」最終回にて挿絵を描かせていただきました。
「北に向かうつもりの権藤と紀子は・・・・・・」(扉より引用)

4年8ヶ月に渡る連載に描かせていただき、大変お世話になりました。

PHP研究所『PHP』 浅田宗一郎さんの小説に扉絵を描きました。

PHP研究所『PHP』 浅田宗一郎さんの小説「言葉ではなく行動で」扉絵

PHP研究所『PHP』 浅田宗一郎さんの小説「言葉ではなく行動で」扉絵

PHP研究所『PHP』
浅田宗一郎さんの小説「言葉ではなく行動で」にイラストを描きました。

「人生の岐路に立たされたとき、男は家族を思い、自分の決意を口にした。」
(扉より引用)