第34回 OISスケッチ会 12月17日(日)

注目

 

oisスケッチ会 vol.34

oisスケッチ会 vol.

第34回OISスケッチ会は
12月17日(日)、13時〜17時に都内近郊にて開催します。
詳細につきましては、上記「お問い合せ」よりご連絡くださいますよう宜しくお願い致します。

https://oissketch.jimdo.com

絵を描きたい方はどなたでも大歓迎ですので、ぜひ参加して頂けましたら幸いです。
スケッチ会を通して、皆さんとつながることができましたら、とてもうれしく思います。

OISスケッチ会
永島壮矢

個展「くもをとりに」終了しました。

あの山に登れば雲をとることができる

あの山に登れば雲をとることができる

個展「くもをとりに」が無事に終了しました。お越しくださった皆様、気にかけてくださった皆様、本当にありがとうございました!

うれしかったです!

ずっと描きたかった雲をとりにいく子どもの話。
今回書くことができ、本当によかったです!

皆様、今後とも、ご指導の程、宜しくお願い申し上げます。

永島壮矢 個展 「くもをとりに」開催します。

くもをとりに_永島壮矢

くもをとりに_永島壮矢

永島壮矢 個展 「くもをとりに」
2017年11月24日(金)ー 11月29日(水)
11:00ー19:00(最終日は17時まで)
オープニングパーティ 初日 18:00ー20:00

会場:オーパ・ギャラリー
東京都渋谷区神宮前4-1-23.1F

3年ぶりの個展です。
お時間ございましたら、ぜひお越しください。

「ぼくは くもを とりに いくんだ」
雲をとるために家族と一緒に山に登ります。
雲をとる網、持ち帰るためのビニル袋を持って。
ぼくはうれしくて、一人で先にずんずん登っていきます。
果たして・・・。

宜しくお願い致します。

ニューフェイス’17 装丁・装画の仕事展

ニューフェイス'17

ニューフェイス’17

Book Scape35「ニューフェイス’17」に参加します。
一般社団法人 日本図書設計家協会
過去5年間の新入会員による装丁・装画の仕事展です。

2017年10月04日(水)ー10月15日(日)
時間:11:00-19:00
オープニングパーティー:10月4日(水) 18:00-20:00
会場:アーツ千代田 3331
東京都千代田区外神田6丁目11-14 地下1階 B104

http://www.3331.jp/schedule/003999.html
http://www.tosho-sekkei.gr.jp

仕事で制作した書籍、イラストレーターは装画の原画も展示します。

<出展者>
那須香おり/門川洋子/chips/佐々木正男/大滝奈緒子/小口智也/大橋ギイチ/寒水久美子/小川恵子/駒井和彬/池上幸一/齋藤州一/北尾 崇/いとう良一/Ryoojing/毛利みき/古川じゅんこ/永島壮矢/下野 剛/とつかりょうこ/成見紀子/もとき理川/鮎川 廉/豊島昭市/なかむら葉子/コバヤシヨシノリ/むらもとちひろ/長尾 優(敬称略・入会順)

●ギャラリートーク開催
・10月8日(日)
・10月15日(日)
 両日15時スタート。
ギャラリーを回りながら簡単に制作意図やエピソードを出展者がお話しします。
どちらか良き日にぜひお越しください(両方来ていただいても構いません)。
宜しくお願い致します。

みずほ総合研究所 雑誌「Fole」3月号

みずほ総合研究所 雑誌「Fole」3月号
内山節さんのコラム『半径5キロの経済圏 「小さいこと」が強いこと
『「生活を楽しむ」農業が強い』にて、挿絵を描かせて頂きました。

みずほ総合研究所 Fole3月号 内山節さんのコラム 挿絵

みずほ総合研究所 Fole3月号 内山節さんのコラム 挿絵

PHP研究所 月刊誌『PHP』にて挿絵を描かせて頂きました。

小さくても美しい花を_扉絵

小さくても美しい花を_扉絵

小さくても美しい花を_挿絵1

小さくても美しい花を_挿絵1

小さくても美しい花を_挿絵2

小さくても美しい花を_挿絵2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PHP研究所、月刊誌『PHP』6月号
浅田宗一郎さんの小説「小さくても美しい花を」にて
挿絵を描かせていただきました。
『寺参りが好きだった両親からの教えを少女は大切に心にしまっていた。』
(扉より引用)

6月3日(土) ミニスケッチ会開催します。

芝公園_軽トラック無事終了しました。
ありがとうございました。
展示期間中にミニスケッチ会を開催します。
6月3日(土)14:00〜16:00
14時にオーパギャラリーに集合してください。事前の申し込みは必要ございません。
近くの団地周辺を描きに行きたいと思います。
最初の1時間で描いて、残りの1時間はギャラリーに戻り発表会をしようと思います。
今のところ、天気も大丈夫そうです。
お時間ございましたら、ぜひ遊びに来てください!
画材(スケッチブックやペン、色鉛筆など)は各自ご用意ください。

OISスケッチ会「今日もおでかけ展」終了しました。

18083713_1781713605475400_1287627540_o18015747_1781713598808734_388935507_o

 

 

 

 

 

 

 

OISスケッチ会「今日もおでかけ展」が無事に終了しました。
お越しくださったみなさま、気にかけてくださったみなさま、
本当にありがとうございました!
OISスケッチ会として初めて展示をできたこと、本当に感謝申し上げます。
今回は、展示用の絵と普段のスケッチブックの両方を見てもらえるようにしました。
両方ともじっくりと楽しんでくださり、本当にうれしかったです。
このスケッチ会は、いろんな業界の方(イラストレーター、デザイナー、絵が好きな方、会社員など)が集まるのが特徴で、そういう面でも楽しんでいただけたのではないかと思います。
私もたくさん発見し、刺激をもらいました!
また、このスケッチ会に興味を持たれる方もたくさんいて、それもうれしかったです。ぜひご参加くださればと思います。

今後も一歩ずつですが、スケッチ会を前に進めていければと思います。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

永島壮矢

============================

OISスケッチ会は展覧会を開催します。

OISスケッチ会「今日もおでかけ展」
2017年6月2日(金)ー 6月7日(水)
会場:オーパ・ギャラリー

月に一度のおでかけです。街角、公園、博物館、
いつもわくわく描き歩き、ずんずんずんずん進みます。
スケッチ会で訪れた場所の中から、
心に残った好きな景色を18人のメンバーが絵で表現します。
ぜひ、“おでかけ気分”を味わってください。

出展者
オオヒロヨーコ 尾崎千春 加藤幸子 河本菜摘 キタダイマユ
久保夕香 五嶋博幸 斎藤史佳 サトウコウタ 竹内みずよ
田辺ユミコ タニモトハル なかざわくみこ 永島壮矢
中村欽太郎 新倉義樹 新美ひたき 平のゆきこ

2015年2月より始動。
「外に出て手を動かすととても気持ちがよい!」
を合言葉に、毎月1回、スケッチ会を開催しています。
どうぞ宜しくお願い致します。

OISスケッチ会 永島壮矢
https://oissketch.jimdo.com

PHP研究所 月刊誌『PHP』にて挿絵を描かせて頂きました。

月刊誌『PHP』5月号、浅田宗一郎さんの小説「139番」_1

月刊誌『PHP』5月号、浅田宗一郎さんの小説「139番」_1

月刊誌『PHP』5月号、浅田宗一郎さんの小説「139番」_2

月刊誌『PHP』5月号、浅田宗一郎さんの小説「139番」_2

月刊誌『PHP』5月号、浅田宗一郎さんの小説「139番」_3

月刊誌『PHP』5月号、浅田宗一郎さんの小説「139番」_3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月刊誌『PHP』5月号、浅田宗一郎さんの小説「139番」にて挿絵を描かせていただきました。

『「プロ野球選手になりたい」。その夢を胸に、野球一筋に生きてきた男はーー。』
(扉より引用)

みずほ総合研究所 雑誌「Fole」2月号

みずほ総合研究所 雑誌「Fole」2月号

みずほ総合研究所 雑誌「Fole」2月号

みずほ総合研究所 雑誌「Fole」2月号
内山節さんのコラム『半径5キロの経済圏 「小さいこと」が強いこと 人口の少なさが可能にする「助け合い」』にて、挿絵を描かせて頂きました。

「第4回東京装画賞2016展」開催します。

東京装画賞2016 入選作品 「神様のボート」

東京装画賞2016 入選作品
「神様のボート」

第4回東京装画賞で入選しました。大変嬉しいです。

そして、「第4回東京装画賞2016展」が開催されます。
2017年3月8日(水)〜12日(日)
会場:日比谷図書文化館
10:00〜20:00
(土曜は〜19:00、日曜は〜17:00)会期中は無休、入場無料)

http://souga.tokyo

授賞式 3月8日(水)15:00〜17:00
授賞パーティー 3月8日(水)18:00〜20:00

お時間ございましたらぜひお越しください。

みずほ総合研究所 雑誌「Fole」1月号 挿絵

みずほ総合研究所 雑誌「Fole」1月号 内山節さんのコラム『半径5キロの経済圏 「小さいこと」が強いこと 「世界で一番いい村」を実感する』挿絵

みずほ総合研究所 雑誌「Fole」1月号
内山節さんのコラム『半径5キロの経済圏 「小さいこと」が強いこと 「世界で一番いい村」を実感する』挿絵

みずほ総合研究所 雑誌「Fole」1月号 内山節さんのコラム『半径5キロの経済圏 「小さいこと」が強いこと 「世界で一番いい村」を実感する』挿絵_原画

みずほ総合研究所 雑誌「Fole」1月号
内山節さんのコラム『半径5キロの経済圏 「小さいこと」が強いこと 「世界で一番いい村」を実感する』挿絵_原画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みずほ総合研究所 雑誌「Fole」1月号
内山節さんのコラム『半径5キロの経済圏 「小さいこと」が強いこと 「世界で一番いい村」を実感する』にて、挿絵を描かせて頂きました。

群馬県、上野村のお話。小さい村だからこそ強く、有利である。

集英社 小説すばる1月号

小説すばる 小前亮さんの小説「キリン航海記」挿絵1

小説すばる 小前亮さんの小説「キリン航海記」挿絵1

小説すばる 小前亮さんの小説「キリン航海記」挿絵2

小説すばる 小前亮さんの小説「キリン航海記」挿絵2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

集英社 小説すばる 1月号
小前亮さんの小説「キリン航海記」にて
挿絵を描かせて頂きました。

「すらりと伸びた首、鮮やかな黄色の毛並みに黒い網目模様。
通辞である馬琳は、美しいその動物を明に連れて帰ろうと
奔走するがーー。」扉より引用。

宜しくお願いします。

双葉社 小説推理2月号

小説推理 山田深夜さんの小説「流儀」挿絵1

小説推理 山田深夜さんの小説「流儀」挿絵1

小説推理 山田深夜さんの小説「流儀」挿絵2

小説推理 山田深夜さんの小説「流儀」挿絵2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

双葉社 小説推理 2月号
山田深夜さんの小説「流儀」に挿絵を描かせて頂きました。
「北海道ツーリングで出会ったある無線愛好家」(扉より引用)

自分だけの流儀があるとカッコイイ。

光文社 小説宝石1月号

池永陽さんの小説「醜聖女」第19回

池永陽さんの小説「醜聖女」第19回

光文社 小説宝石 1月号
池永陽さんの小説「醜聖女」にて挿絵を描かせていただきました。
「菅原早紀の過去と樫山紀子を結ぶものとは・・・・・・?」(扉より引用)

何かがズレている女たちの話。