「花に聞くvol.17 ミモザ」展

「花に聞くvol.17 ミモザ」展

「花に聞くvol.17 ミモザ」展に参加しています。

毎年開催している季節の花展、
今年は「ミモザ」の花を20人のイラストレーターで描きました。
お時間ございましたらぜひお立寄りください。
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-1-23.1F
Open:11:00-19:00(最終日17:00まで)
出展者
今井有美、いわがみ綾子、大西 洋、長田結花、川崎由紀
菊野友美、楠木雪野、小春あや、田中きえ、田仲由佳
田辺ユミコ、土田菜摘、中島梨絵、福井彩乃、美木麻穂
溝渕美穂、保光敏将、渡辺晶子、わたべめぐみ、永島壮矢
 

『靖国神社の緑の隊長』(幻冬舎)の装画について

デザイナーの折原カズヒロさんが主催する「装丁夜話(そうていやわ)」のトークイベントにて、半藤一利さん作『靖国神社の緑の隊長』(幻冬舎)の装丁について語られ、装画を担当した私の絵についても語っていただいています。

ブックデザイナーによる装丁トーク「装丁夜話」

東京書籍 『学級経営の広場』バナーイラスト

東京書籍 HPバナーイラストが公開になりました。
ことばがあふれる ことばでつながる学級づくり
『学級経営の広場』
創刊より表紙イラストを担当させていただいている『げんきの根っこ』の関連のページになります。
どうぞ宜しくお願いいたします。

東京書籍 「学級経営」HPバナーイラスト

東京書籍 「学級経営」HPバナーイラスト

集英社 小説すばる 楡周平さんの小説「黄金の刻」にてイラストを描きました。

小説すばる 黄金の刻 扉イラスト

小説すばる 黄金の刻 扉イラスト

小説すばる 黄金の刻 本文イラスト

小説すばる 黄金の刻 本文イラスト

集英社 小説すばる

楡周平さんの小説「黄金の刻」にてイラストを描かせていただきました。
「技師長である吉川鶴彦の凄まじさとは・・・・・・
優秀な技術者が育つことで、ますます精工舎は発展していく。」(扉より引用)
「世界のセイコー」の礎を築いた服部時計店の創業者、服部金太郎さんの物語です。

「新・和本装丁 イラストレーションとデザインで詠む万葉集展」開催のお知らせ

注目

新・和本装丁展_DM_絵柄

新・和本装丁展_DM_絵柄

新・和本装丁展_DM_宛名

新・和本装丁展_DM_宛名

一般社団法人日本図書設計家協会、株式会社竹尾の共催による

Book scape[本の風景]37
「新・和本装丁 イラストレーションとデザインで詠む万葉集展」開催のお知らせです。
会期:2021年3月10日(水)~ 4月9日(金)
11:00‐18:00(土日祝休)
場所:株式会社竹尾 見本帖本店2F
共催:一般社団法人日本図書設計家協会、株式会社竹尾
協力:株式会社渋谷文泉閣、関西美術印刷株式会社
日本図書設計家協会の装画家・装丁家が、
和様のファインペーパーを用いて制作した
”令和時代の新しい和本”をご覧いただきます。
新元号の典拠となった万葉集から20首を選び、
絵と文字でデザインする「万葉画集」として
一冊の本に仕立てました。
1300年の時を超え、読み継がれてきた万葉集を、
令和時代の新しい感覚で表現します。
装画、装丁、紙による、色とりどりの
和歌の世界をお楽しみください。
ーーーーーーーーーーーー
『万葉集』約4500首の中から20首を厳選し、和装本に仕上
げました。一見開きに一首が収録され、20組の装丁家と装画家がペアを組み、絵と文字でデザインします。
「万葉画集」の名の通り、絵が大きく使われ、より和歌を味わい深いものにしています。20組の渾身の作品をぜひご覧ください。
「万葉画集」は販売もいたします。
DMのデザインは宮川和夫さん、イラストは齋藤州一さんです。
「新・和本装丁展」にふさわしい新感覚の万葉の世界を作ってくださいました。
企画の立ち上げから2年、幾度となく打ち合わせを重ね、
ようやく開催に漕ぎ着けました。
装画・装丁・紙、そして和歌の世界をお楽しみいただけましたらと思います。
ぜひお時間ございましたらお越しください。

永島壮矢「絵本と装画の原画展」開催します。

永島壮矢_個展_2020

永島壮矢_個展_2020

永島壮矢_個展_dm_宛名

永島壮矢_個展_2020_宛名

 

 

 

 

 

 

 

 

永島壮矢「絵本と装画の原画展」

ーー
会期:2020年11月13日(金)ー18日(水)
時間:11時ー19時(最終日17時まで)

 
会場:OPA gallery / shop
150-0001 東京都渋谷区神宮前4-1-23-1F
TEL.03-5785-2646
http://opagallery.net/

ーー  

絵本『ジェンと星になったテリー』(作・草野あきこ/岩崎書店)
の原画と、 これまで描いてきた装画などの原画を展示します。
今年でデビュー10周年になりました。
十年一昔と言いますが、これまでの仕事を振り返る
よい機会になればと思います。

プロフィール
永島壮矢
神奈川県生まれ。鉄鋼業界の営業マンを経て、
30歳の時イラストレーターを目指す。
豊かな色彩と自由な発想で、書籍の装画や絵本などを数多く手がける。
(一社)日本図書設計家協会会員、OISスケッチ会主催。
’09年ノート展 植原亮輔賞受賞。’16年 東京装画賞入選。

OISスケッチ会「スケッチラリー」

OISスケッチ会『スケッチラリー』

OISスケッチ会『スケッチラリー』

OISスケッチ会「スケッチラリー」を開催します。

9月5日(土)14:00~17:00みんなで集まらずに、各自が自宅などでスケッチをします。
17:00過ぎより小一時間、作品発表会と表彰式
※作品発表会と表彰式は、オンライン(Zoom)で開催します。
 
協力:OPA gallery/shop
山陽堂書店
 
これは、OPA galleryで開催する
「今日もおでかけ展」の中のイベントです。
 
今回はコロナの影響もあり、いろんなところを巡ってスケッチするラリーは、実施しません。代わりに、『お題』を設定しますので、そのお題からイメージする絵を描いてください。
お題:『東京オリンピック・パラリンピック』
東京オリンピック・パラリンピックからイメージされるものを自由に表現してみてください。好きな競技でも、注目している競技でもいいし、あるいは競技と関係のない、東京の空でも風景でも構いません。
本来なら2020年9月6日まで、東京パラリンピックは開催される予定でありました。もう終わってしまうという名残惜しさと満足感に包みこまれているこのときを、スケッチラリーで描き留めようと思っていましたが、コロナの影響で、来年に延期になってしまいました。しかし、テーマは変えずにいこうと思います。来年の東京オリンピック・パラリンピックは9月5日まで開催されます。ちょうど一年後を想像し、来年に向けてのエールになるような絵になったらいいなと期待します。

OISスケッチ会『今日もおでかけ展』

OISスケッチ会「今日もおでかけ展」_DM

OISスケッチ会「今日もおでかけ展」_DM

OISスケッチ会『今日もおでかけ展』、開催します。

2020年9月4日(金)ー 9月9日(水)
11:00ー19:00(最終日は17:00まで)
会場:OPA gallery
<参加者>
石黒恵理 加藤幸子 かやぬまゆう 欽太郎 倉本トルル
五嶋博幸 関谷源次 高橋玲子 那須香おり 新倉義樹
西片拓史 平のゆきこ 福士悦子 増田恵 永島壮矢
 
コロナのさなかではありますが、
無事に開催できますこと、まずは皆様に感謝申し上げます。
OISスケッチ会は、コロナの影響でなかなか外に出て描くことができませんでしたが、各自が家で描いたり、オンラインで作品発表会をするなどして、なんとかスケッチ会を続けることができました。
コロナのさなかであるからこそ描いたスケッチも
会場に並ぶのではないかなと思います。
DMの絵は、欽太郎さんです。
お弁当の絵、素敵です!
 
 
 
ーーーーーーーーーーーーー
OISスケッチ会 プロフィール
2015年2月より始動。
「外に出て手を動かすととても気持ちがよい」
を合言葉に、毎月1回、スケッチ会を開催しています。
絵を描きたい方はどなたでも大歓迎です。スケッチ会を通して、
皆さんとつながることができたら嬉しいです。
OIS(俺たち一緒にスケッチするぜ!)は、
これからも元気に続けていきます。
OISスケッチ会主催:永島壮矢

幻冬舎 『靖国神社の緑の隊長』 装画と題字、描きました。

靖国神社の緑の隊長_装画_題字

靖国神社の緑の隊長_装画_題字

靖国神社の緑の隊長_挿絵_1

靖国神社の緑の隊長_挿絵_1

靖国神社の緑の隊長_挿絵_2

靖国神社の緑の隊長_挿絵_2

靖国神社の緑の隊長_挿絵_3

靖国神社の緑の隊長_挿絵_3

靖国神社の緑の隊長_挿絵_4

靖国神社の緑の隊長_挿絵_4

幻冬舎 半藤一利先生の新著『靖国神社の緑の隊長』にて、装画・題字を描かせていただきました。

装丁は石間淳さんです。
 
終戦75回目の夏に
どうしても次の世代に語り継ぎたい
8人の将校・兵士の物語

集英社 「小説すばる」6・7合併号 楡周平さんの小説『黄金の刻 小説・服部金太郎』にてイラストを描きました。

小説すばる 楡周平『黄金の刻』扉絵

小説すばる 楡周平『黄金の刻』扉絵

小説すばる 楡周平『黄金の刻』挿絵

小説すばる 楡周平『黄金の刻』挿絵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

集英社 小説すばる 6・7合併号
楡周平さんの連載小説『黄金の刻 小説・服部金太郎』にてイラストを描きました。

明治七年、丁稚をしていた少年に、思いもよらぬ運命の時が訪れる・・・・・・。「世界のセイコー」の礎を築いた男の、波乱に満ちた一代記!
(扉より引用)

宜しくお願いいたします。

「装画の 仕事」展

「装画の仕事」展_dm

「装画の仕事」展_dm

「装画の 仕事」展

2020年03月31日(火)~ 2020年04月10日(金)
12:00~19:00 (最終日17:00まで)
オープニングパーティは中止となりました。

gallery DAZZLE 
〒107-0061
東京都港区北青山2-12-20山西ビル101
Google map
tel & fax 03-3746-4670
12:00~19:00(最終日17:00まで)月曜日休廊

<参加者>
agoera 新目惠 安藤巨樹 井内愛 石橋澄
いずみ朔庵 荒井千(井上文香)いわがみ綾子 岡野賢介
片山なのあ 加藤佳代子 かわいちともこ 合田里美
コバヤシヨシノリ 小牧真子 サカモトセイジ
杉山巧 高杉千明 高柳浩太郎 田尻真弓
田中海帆 玉垣美幸 タムラフキコ
なかむら葉子 naggy 那須香おリ フクバリンコ
藤原徹司 古屋智子 マツキナオキ 三浦由美子
水沢そら 三村晴子 ミヤザキコウヘイ 宮崎ひかり
山口鈴音 山本祥子 米満彩子 永島壮矢

2019年~2020年初頭の出版された書籍の装画(表紙絵)の
原画+書籍を展示します。
イラストレーター39名の仕事をご覧ください。

『美しい橋』装画

「美しい橋」早乙女勝元/著

「美しい橋」早乙女勝元/著

本の泉社
早乙女勝元さんの小説『美しい橋』にて、
装画を描かせていただきました。

ーーーーーーー
戦争から7年、灰燼まだくすぶる東京下町で白髭橋のボルトの穴をラブレターの隠し場所にした純な二人の物語。
映画、TVドラマにもなった
著者二十歳の記念碑的純愛小説
ーーーーーーー

装丁は装釘室の臼井新太郎さんです。
宜しくお願い致します。

岩崎書店 『ジェンと星になったテリー』

ジェンと星になったテリー

ジェンと星になったテリー

岩崎書店
『ジェンと星になったテリー』 作:草野あきこ
にて、絵を描かせていただきました。

ーーーーーー
ジェンは、ユイの家の飼い犬。亡くなったはずの先住犬テリーの存在にイライラ。ある日、ユイにピンチが!ジェン、どうする?
ーーーーーー

ジェンやテリー、ユイやその家族、
みんなの愛があふれる絵本になっています。
優しい気持ちに包まれながら絵を描くことができました。